ミニ骨壷専用納骨袋|友禅ブランド千總の分骨・納骨袋

専用納骨袋

七音シリーズ専用の納骨袋(のうこつふくろ)です。この納骨袋の中にお骨を入れ、袋ごとガラス骨壷の中に入れて使用します。納骨袋を使用することでお手入れの際や万一の際にも安心してお骨壷を取扱うことができます。納骨袋は別売オプションとなっています。

450年の歴史と伝統、世界の京友禅ブランド「千總(ちそう)」

千總の歴史 ― 戦国時代~パリ博覧~皇室ご用命

戦国の世に誕生した、染めもの界の雄「千總」。 日本の歴史の大舞台ともいえる戦国時代、上杉謙信と武田信玄が名を轟かした1555年(弘治元年)というはるか昔、京都の地に法衣商として始まります。 激動の時代を経て、元禄~江戸時代になると、着実に積み上げた歴史と技術が実を結び、友禅染の発展に大きく寄与しました。その最高峰とも言える技術と品質は世界でも注目を浴びる事となり、パリ博覧会をはじめとする世界中の万博で賞牌を獲得。 国内では皇室からのご用命を受けるなど、各方面での称賛をあつめ現在に至ります。 国境をこえた比類ない技術・品質、頑なまでに美にこだわるその姿勢。そして絶え間なく革新を続けるフロンティア精神が「千總」ブランドとしての揺るぎない信頼を築きました。

made in 京都 ― 京友禅の歴史の温もりを

安土桃山・江戸・明治~そして現在。 時代を超え歴史を刻んだ、まさに芸術とも言える伝統の技。
その千總の美が、七音とコラボレーションしました。 アートガラスの美しさと、世界屈指の美術染織の感覚がプロデュースした、大切な人のための場所。七音専用に設計・制作されたデザイン納骨袋として、シリーズすべてのモデルに対応、ご用意しています。 大切な人をしっかりと守りそっと寄り添う、人の手が紡いできた歴史と伝統の温もり。 世界最高峰の着物を手がけてきた京友禅ブランドによる、Made in KYOTO。 人の歴史の最後を飾る「晴れ着」として、ふさわしい佇まいを追求しました。友禅が生んだ究極のこだわりと手造りアートガラスの美しさが、人と人の絆を優しく包みこみます。

京友禅ブランド「千總(ちそう)」オフィシャルウェブサイト

七音シリーズ用 「千總の納骨袋」

納骨袋はガラス骨壷の中に入れて使用します。お骨を直接入れないためお取扱をより安全にし万一の際にも安心です。ガラスの内側が透けてしまう心配や、より丁寧に骨壷に納めたいという声からうまれた、京友禅ブランド千總がつくる大切な方の「最後のお着物」としてお使いいただけます。七音シリーズの各サイズごとに対応サイズが用意されています。詳しくは「いのりオーケストラ オンラインショップ」をご覧ください。

モデル 高さ 横幅 まち部分
Lサイズ用 150 175 90
Mサイズ用 120 140 80
Sサイズ・大口径用 100 125 65
SSサイズ用 70 70 40
ミニサイズ用 60 60 なし

各サイズはおおまかな目安となっています。単位はミリメートル[mm]

商品ラインナップ一覧へ
オンラインWEBショップへ